2008年04月09日

タオルハンガー

壁に取り付けるものが一般的です。リング状やフック式のタイプもありますが、さまざまな使い方ができるのはバータイプです。ネジで取り付けるもののほか、吸盤式や粘着式で壁に穴を開けずに接着できる製品も。

一般家庭の洗面所やトイレなどで、バスタオルやハンドタオルを掛けるために設置します。

ホームセンターやインターネットなどで、さまざまな素材やサイズのものが購入できます。




▽キッチンの掛けとして

キッチンの引き出しはこまごまとしたツールでぎっしり。そんなときは使用頻度の高いキッチンツールをタオルバーに掛けてはいかがでしょう。手の届きやすい壁にタオルバーを取り付けて、バーの太さに合ったS字フックを下げれば、道具がきれいに納まります。

▽テーブルに掛けて、新聞掛けに

ダイニングテーブルで朝ご飯が並んだ脇に、読みかけの新聞が置いたままなら、テーブルの脇にタオルバーを取り付けてみませんか。長さ42cm以上のバーなら、新聞を二つ折りにして掛けられます。


参照
生活散歩online















posted by 平和党国土交通大臣 at 08:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内の管理・おそうじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。